main image

修理方法紹介ブログ

即日&データそのまま! Xiaomi Redmi 9Tの電源が入らない症状の修理

スマホ、タブレット、その他全機種修理のスキルワン大阪梅田店でございます!

当店はJR北新地駅から徒歩数分、御堂筋線梅田駅から徒歩10分程度、大阪駅前第2ビルの中にあります。

 

今回は、突然電源が入らなくなったXiaomi Redmi 9Tの修理をご紹介します!

Xiaomi Redmi 9Tは「何もしていないのに突然電源が入らなくなる」という症状が起こることがあるのですが、スキルワンならばそんな状態でもデータそのままで復旧させられますのでご安心ください。

 

修理受付時の状況

1.お客様からのご相談内容

今回のお客様はお電話で相談をいただきました。

症状や起こった経緯をまとめると

・操作中、動作が重くなりフリーズするようになったため、一度電源を切った

・電源を入れ直そうとしても全く反応がなく、充電しても、ネットで調べて強制再起動を試しても変わらない

というものでした。

Redmi 9Tではよくある、典型的な起動不可の症状ですね。

 

2.お客様への修理予定箇所ご説明

Redmi 9Tの電源が突然入らなくなる原因の大多数は「基板の故障」にあります。

スマホなどの情報処理を行う小型電子機器は、中枢となる基板(マザーボード、ロジックボードなどと呼ばれます)にすべてのデータが保存されており、画面を映すのも音を鳴らすのもネットに繋ぐのも全て基板が制御しています。

Redmi 9Tの基板には一種の脆弱性があることが確認されており、突発的に破損する症例が多いのです。

 

幸い、スマホの基板を修理することは技術的に可能ですし、成功すればデータも残したまま復旧させられます。

ただし、元々の脆弱性(壊れやすさ)が改善できるわけではありませんので、一度基板が故障したRedmi 9Tをそのまま使い続けることはおすすめできません。

基板修理をしたあとは、バックアップを取る、または新しいスマホへ直接データを転送するなどして、可能な限り速やかにデータを非難させることが重要となりますので、今回もその点をお客様へ説明してからお預かりとなりました。

 

3.受付

お客様には、ご予約の上でスキルワン大阪梅田店までご来店いただきました。

尚、当店は予約必須のお店ではありませんので、出先で突然スマホが壊れたときなど、お困りの場合は予約無しで直接店頭までスマホを持ち込んでいただいてもかまいません。

 

店頭で受付と状態確認や機種の確認を済ませたら、その場で修理に取り掛かります。

修理完了までに要する時間はおよそ2時間程度と予想されましたので、お客様にはその頃に取りに来ていただくようお願いしました。

なお、修理完了を電話やメールで連絡することもできますので、「終わったらすぐに知らせてほしい!」という方はご相談ください。

 

修理方法

1.Redmi 9T 修理前写真

充電ケーブルを挿してもなんの表示もなく、充電ランプの点灯もありません。

所定の操作手順で強制再起動を試してみても電源は入りませんし、このあとでバッテリー交換も試しましたが、うんともすんとも言いませんでした…

 

2.Redmi 9T 基板修理工程

まずはスマホを分解し、基板を取り出します。

スマホの基板には無数のチップやコンデンサ、各種回路が搭載されていますので、健康な部分には傷をつけないようにしつつ、破損している部分だけをピンポイントで修復します。

基板の「交換」ではなく「修理」ですので、元々基板に保存されていた各種データも失われずそのまま残ります。

データを残したまま、なんとかスマホを復活させたい!という場合、こうした基板修理が有効だったケースは多数ございますので、「何もしていないのにいきなりスマホが壊れた」「データが無くなると困る」という方もぜひご相談ください。

 

修理完了後の状況

1.修理完了後のRedmi 9T

修理前は何の反応もありませんでしたが、基板修理後は通常通り電源が入るようになり、データも残っていることが確認できました!

 

 

2.お客様への修理完了後ご説明

Redmi 9Tも他の各種スマホも、基板が原因の故障が一度起こってしまうと、直っても長期間使用できるとは限りません。

場合によっては短い期間で症状が再発してしまったり、別の故障・異常が生じる可能性も否めませんので、速やかにバックアップ、ないしは新しいスマホへデータを移行することをおすすめしました。

 

 

今回の修理のまとめ

1.Xiaomi  Redmi 9Tの基板修理をオススメする理由

・元々基板が壊れやすい機種ですが、修理で復活する可能性は比較的高く、時間もさほどかからずに済んだケースが多いです

・データを残したまま修理できます

 

2.SkillOneでのAndroidスマホの基板修理

Xiaomi  Redmi 9T以外のAndroidスマホの基板修理も承っております。

「基板修理」と一言にいってもその内容や難易度は機種や個体ごとに異なりますので、料金やかかる期間は、まずは詳しく調査してからご提案させていただいております。

とはいえ、どの機種でも「成功すればデータを残したまま復活できる」という点は変わりありませんので、大事なデータがある!なんとか復活させたい!というスマホがあればぜひご相談くださいませ。

 

★メールフォームはこちらをクリック!【24時間受付中!】

★電話お問い合わせは06-6347-5020へ!【11:00~20:00】

 

SkillOne大阪梅田店 店舗情報

 

SkillOne 大阪梅田店
06-6347-5020(営業時間11:00-20:00)

〒530-0001

大阪府大阪市北区梅田1-2-2

大阪駅前第二ビル 地下2F 70-1号

Xiaomi13Ultra ガラス割れ修理

SkillOne京都河原町店でございます。

本日はXiaomi13Ultraのガラス割れ修理についてご案内させていただきます。

こちらのXiaomi13Ultraの機種は2023年4月21日に発売されており、中国版とグローバル版があり日本版は発売されておりません。

ですが、こういった日本で発売されていない機種もSkillOneでは修理可能でございます。

今回、ご来店いただいたお客様はこの端末は海外で購入されたとの事で、落とした拍子に端末の左下が割れて

しまったご様子でした。

写真ではわかりにくいですですが、画面の左下が割れています。

交換するパーツはお取り寄せが必要となりますが、1週間程でパーツは到着します。

フロントパネル交換修理は1時間30分程で完了します。

SkillOne京都河原町店の周辺には商店街やたくさんのお店があるので待ち時間も苦にはなりません。

SkillOne京都河原町店ではiPhoneだけではなく、Androidも取り扱っております。

自分の機種は修理できるかなっと不安でしたら、お電話・メールにてお問い合わせくださいませ。

多少パーツのお取り寄せに時間がかか場合もありますが修理可能でございます。

スキルワン京都 河原町店

〒604-8042 京都府京都市中京区新京極四条中之町538-13
京国ビルB1 1階
TEL:075-223-5020
営業時間11:00~20:00
定休日:なし

急に充電できないXiaomi mi10lite(5G)の充電口修理

梅田駅・大阪駅から徒歩10分、大阪駅前第二ビル地下二階のSkillOne(スキルワン)大阪梅田店です!

今回は急に充電できない症状のXiaomi mi10lite充電ポート(充電口)修理をご紹介します!

★メールフォームはこちらをクリック!【24時間受付中】

★電話お問い合わせは06-6347-5020へ!【11:00~20:00】

 

Xiaomi mi10lite(5G)とは

 

Xiaomi mi10lite(5G)とは、2020年9月4日発売されたXiaomi製のスマートフォンです。

スマートフォンとしては安価で価格は4万2740円~で販売されていた機種で

かつ価格にしてはスペックもなかなかでコスパが良いと言われており

Xiaomi製のスマートフォンの中でも評判が良い機種のようです

 

修理受付時の状況

1.お客様からのご相談内容

 

今回スキルワン大阪梅田店にご来店された方の症状としては

・なんとなく以前から充電が遅かった

・充電したつもりができていない時があった

・朝起きて端末を見たところ全く充電されておらずバッテリー残量も0%

・充電ケーブルを何度も抜き差ししたが全く反応がない状態

で、急いでAndroidスマホが修理できる当店に来店されたとのことでした。

 

2.お客様への修理予定箇所ご説明

 

電流が何A(アンペア)流れているかを確認するチェッカーにお客様の端末を接続。

全く電流が流れていない状態でした。

お客様からのご相談内容からして充電ポートの交換で直る可能性が高いと判断。

 

3.受付

 

お客様に修理予定個所と金額をお伝えしたところ

「是非お願いしたいです!」とのことでしたので

修理金額と修理時間(この日は1時間)とお伝えし、修理受付をいたしました。

 

修理方法

1.Xiaomi mi10lite(5G)修理前写真

 

このようにケーブルにつないでも全く反応しない状況でした。

mi11lite(5G)chargingport-

mi11lite(5G)chargingport修理前写真

 

2.Xiaomi mi10lite(5G)修理工程

 

この機種はバックパネル(裏蓋)から開けていく機種となります。

開けるとのこのような構造となっております。

mi11lite(5G)chargingport

mi11lite(5G)chargingport修理中写真

この下側のドーターボード部分に充電ポート(充電口)があるため

この部分のパーツを交換していきます。

 

修理完了後の状況

1.修理完了後のXiaomi mi10lite(5G)

 

無事パーツ交換が完了!

最初残量0%だったところから1%、2%・・・と順調に残量が増えていきます。

mi11lite(5G)chargingport

mi11lite(5G)chargingport修理後写真

そして数分後にはここまで充電が増えていきました。

 

2.お客様への修理完了後ご説明

 

お客様が1時間後に端末受け取りに来店されました。

修理スタッフがお客様の目の前で

ケーブルを抜き差しして問題なく充電反応があることを確認していただきました。

朝から急に充電できずお困りでしたが1時間半で修理が完了し、

大変喜んでいただけました。

 

今回の修理のまとめ

スキルワン大阪梅田店でのXiaomi mi10lite(5G)の充電口修理

 

Xiaomi mi10lite(5G)充電ポートの修理をしている修理店はなかなかないようで

今回のお客様も何件か修理業者に問い合わせをして、

やっと修理対応できるスキルワン大阪梅田店を見つけてくださったそうです。

 

当店ではXiaomiの充電ポートのパーツ以外にも

バッテリーも豊富に取り揃えております。

もし修理や交換をご検討の方はお気軽にスキルワン大阪梅田店までご連絡ください。

修理スタッフが直接電話対応いたします!

 

★メールフォームはこちらをクリック!【24時間受付中】

★電話お問い合わせは06-6347-5020へ!【11:00~20:00】

※「ブログを見た」とお伝えいただけますとスムーズにご対応可能でございます

突然起動しなくなったXiaomi Redmi9T 基板修理で復活させられます

今回は、突然起動しなくなってしまったXiaomi Redmi9Tの修理についてご紹介します。

 

 

Xiaomi Redmi9Tは、中国Xiaomi社が2021年2月に発売した格安スマホです。

2万円程度で買える安さの割にバッテリー容量が多く、長時間使えることで人気の機種なのですが、とある持病を抱えている個体が多いことでも有名です。

その症状は「突然起動しなくなる」というもの。

きっかけは様々ですが、「電源をOFFにしたら、その後何をしても電源が入らなくなった」というパターンが非常に多いですね。

Xiaomi Redmi9Tが起動しなくなる原因のほとんどは、スマホの動作を全て司る「基板」(マザーボードやロジックボードなどとも呼ばれます)の故障です。

どうやら一部のロットは基板が壊れやすいようなのですが、どのロットなのかは不明の為予想が困難なのが難点。

前兆が予測できないうえ、基板が壊れたらそのままではデータも取り出せないので、なかなか困った症状です。

 

 

スマホの基板が故障した場合、メーカーやキャリアショップに依頼すると、スマホ本体を丸ごと交換するパターンが多いようです。

本体交換の場合、もとの破損したスマホからはデータを移せないので、

本体交換を行う=壊れたスマホの中のデータは諦める

ということになってしまいます。

バックアップを取れていないと、今まで保存してきた写真もLINEのやり取りもゲームのデータも全て失われてしまいます。

キャリアショップやメーカーにいくら相談しても「データは諦めるしかない」と言われ、困り果てて当店に相談に来られる方は非常に多いですね。

 

しかし、スキルワンは別の方法をご提案できます。

当店は、Xiaomi Redmi9Tの破損した基板を、データを残したままで修理することが可能です!

「交換」ではなく、基板の破損している箇所のみをピンポイントで「修理」するので、保存されているデータはそのまま。

もちろん、機種変更のときのような面倒な手続きも必要ありません。

かかる時間は多少幅がありますが、早ければお預かりしたその日のうちに返却できることもあります。

 

 

もともと壊れやすい持病を抱えている機種ということもあり、直っても長期間の使用はあまりおすすめしませんが、修理が成功すればバックアップを取ったり新しいスマホへのデータ移行が可能になります。

基板修理は「データが消えるのはマジで困る!」という方におすすめですので、当てはまる方はぜひご相談ください。

 

Xiaomi Redmi9Tが起動しなくなってお困りなら、まずはスキルワンの受付まで!

お電話や直接来店いただければ対応しますが、いつでも送れる問い合わせフォームも便利ですのでぜひご利用ください。

問い合わせフォームはこちらから!

画面が割れたXiaomi Redmi 9Tの修理

今回修理したのは、Xiaomiが昨年2月に発売し、大画面と大容量バッテリー、低価格で人気のあるRedmi 9Tです

落下により画面が大きく破損しており、触ると細かいガラスがぽろぽろ落ちてくるような状態でした。特に問題なく操作はできますが、ガラスのかけらで指などを怪我する危険性もありますし、修理したほうがよいですね!

今回は店舗HPのお問い合わせフォームからご相談いただきました。フォームからの問い合わせは24時間受付(ご返信は営業開始後となります)ですので、スマホやタブレットでお困りのことがあればいつでもお問い合わせください!

お問い合わせフォームはこちらから

 

お問い合わせフォームに相談内容を入力し送信いただくと、店舗スタッフが内容を確認し、修理の見積もりをお電話かメールにてお伝えしております。

今回はメールにてご返信差し上げたところ、修理を希望するとのことでしたのでご予約をお取りしました。

スマホの「画面パネル」は

・ガラス製のタッチパネル

・映像を映し出す液晶

の2つが密着して1つのパーツとして構成されています。機種によってはこれに指紋センサーなどが内蔵されていることもあります。

ガラスと液晶が1つに合体しており、交換する際は2つとも新しくするので、ガラス割れだけでなく

・液晶が破損して正しく映らない

・タッチしても反応がない

といった症状も「画面修理」で治すことができます。

Redmi 9Tの分解は、後ろのカバーを外すところから始まります。カバーのすぐ下に細いケーブルが走っているので、千切らないよう慎重に分解せねばなりません。

無事にカバーを取り外せたので、新しい画面パネルを仮付けして動作チェックを行います。

問題なければ、本格的に新しい画面を組み込みます。

 

画面の取り付けもスムーズに終わりました。これで修理完了です!

最終の動作チェックを行った後、お客様へ返却しました。

今回は店舗に画面パネルの在庫があったため、ご依頼いただいたその日のうちに修理を終わらせられました。かかった時間はおおよそ1時間30分ほどでした。

スキルワンのスマホ修理は基本即日で終わる様に努めておりますが、パーツの取り寄せが必要なこともございます。

修理の受付自体は機種を問わず行っておりますので、「他のお店では修理できない・していないと言われたんだけど…」というようなスマホでもお気軽にお問い合わせください!