main image

修理方法紹介ブログ

画面が映らないHuawei P10 liteを即日修理しました

今回はHuaweiの人気機種 P10Liteの画面修理をご紹介します。

この機種の修理依頼はスキルワンでも多数いただいております。症状やパーツ在庫にもよりますが、大抵はすぐに修理できることが多いのでお困りの際はお気軽にご相談ください!

今回ご依頼のお客様は何度かご利用いただいているリピーターのお客様でした。酔った勢いで落としてしまい画面が映らなくなってしまったとのことです。

 

もともと本体カラーは紺色ですが、ご依頼いただいたとき、店舗にあるすぐ使える在庫パーツは黒色カラー用のみ…

しかし、パーツの色は違えど画面の映りには関係ありません。お客様にもご了承をいただいたので、今回は色違いの画面パネルを取り付けることになりました。

今回はすぐに修理できることを優先し、許可を頂いた上で色違いパーツを使いましたが、基本的には本体の色や見た目はなるべく元通りにできるように修理いたします。

何らかの事情で見た目が変わる場合は必ずご相談させていただきますので、ご安心くださいませ。

修理作業は1時間30分程度で完了しました。動作チェックでは異常は見られませんでしたが、何度か破損と修理を繰り返している端末なので、念のためバックアップも取るようお伝えしてお返しとなりました。

なお、Huawei P10Liteの液晶破損の修理代金は12,980円(税込)となっております。(2022年6月現在)

Huaweiの修理は、国内で販売されていた機種は勿論、海外限定モデルもパーツ取り寄せなどで対応可能です。

スキルワンのHPには修理対応している機種と料金を記載しておりますが、それ以外の機種も対応いたしますのでお気軽にお問い合わせくださいませ!

 

お問い合わせはこちらから!

SIMカードが詰まったAndroidスマホも即日で修理します!

スマホのSIMカードを抜き差しするときに、うっかり奥まで入り込んで取り出せなくなってしまった!とお困りの方がおられましたら、ぜひスキルワンまでご来店ください。

端末の状態や詰まりの度合いにもよりますが、即日で取り出し作業を行います!

 

今回は、実際にご依頼いただいた事例をもとにSIMカードの取り出し作業についてご紹介します。

 

1.来店~修理見積

今回のお客様がお使いになっている機種はHuaweiのnova lite3。定番格安スマホとして一時期は人気の高かった機種ですね。

格安SIMに乗り換えたばかりで、送られてきたSIMカードを入れようとした際に誤って奥まで入り込んでしまったとのことです。

ライトで照らしつつSIM差込口の様子をうかがいましたが、かなり奥まで入り込んでおり、ピンセットなどで取り出すのも難しそうです。このまま無理やり取り出すと本体を傷つけたり破損させかねないので、分解してSIMカードを取り出すことになりました。

なお、今回のSIM取り出しにかかる費用は5,500円(税込)でした。機種の構造などによっては金額が変わることもありますので、「この機種のSIMカード詰まりはいくらになるんだろう?」と気になる方は店舗までどうぞ!

 

2.分解してSIMカード取り出し

SIMカードはスマホの制御基板の中に挿入される構造になっているので、まずは分解して基板を取り出します。

SIMカード読み込み部分の隙間から、工具を駆使して少しずつ基板を傷つけないようにSIMカードを押し出してゆきます

無事カードを取り出せました!

カードをよく見ると、キャリアから送られてきた際にくっついている台紙が切り取られずそのままになっていました。この台紙は現在主流のnanoSIMに非対応の古い機種に挿入するときに使うものですが、nova lite3はnanoSIM対応なので不要ですし、台紙を切り取って正しく挿入してお返ししました。

 

分解とSIMカード取り出し、再組立てにかかった時間はトータルで1時間程度。

動作チェックでも目立った問題はなく、無事に修理完了です!

 

SIMカードが詰まってしまった場合、まずはキャリアショップに持ち込まれる方も多いと思いますが、ショップでその場ですぐに対応してくれる例は少ないようです。大抵の場合は1~2週間程度預かりとなるようですね。

その点、当店であればその場で分解して取り出し作業が可能です。時間がかかるのはちょっと…とお悩みの方はぜひどうぞ!

増加中! Androidスマホのバッテリー膨張も対応いたします

スキルワンはなんば本店のほか、大阪駅前第2ビルにあります「大阪梅田店」、京都の新京極通にある「京都河原町店」の3店舗を展開しております(2022年6月現在)

スキルワン全店でiPhone・Androidスマホ・iPad・Androidタブレットの修理対応を行っておりますが、ここ数ヶ月はバッテリーが膨張しているAndroidスマホの修理のご依頼を非常に多くいただいております!

特に、発売から3~4年程度経過している機種のバッテリー膨張が非常に多くなっていますね。

 

スマホなど一般的な電子機器に使われているリチウムイオンバッテリーは、使えば使うほど自然と劣化していく特徴を持っています。

スマホのように毎日長時間使用し続ける機器の場合、おおよそ2~3年を境に

・電池の減りが早い

・残量がまだ残っているはずなのに、勝手に電源が切れる

という症状が現れるようです。多くは電池の減りが早い程度の症状で済むことがほとんどですが、使い方や環境によってはバッテリーの劣化が激しく進み、内部でガスが発生して膨張することもあります。

 

お使いのスマホが購入から2~3年経過していて、以下のような状態になっている場合、高確率でバッテリーが膨張しています。バッテリーが膨張すると後で述べるような様々な弊害が出てきますので、早めに交換しましょう!

・スマホ本体が不自然に盛り上がっている、膨れている

・以前は無かった隙間が開いている

・背面パネルや画面が明らかに剥がれている

 

本体サイズの都合上、スマホのバッテリーは隙間なくみっちりと詰め込まれるように取り付けられています。そのため、バッテリーが膨張すると周辺パーツは押し上げられ、高い圧力がかかって破損しやすくなってしまいます。

特に、薄くて割れやすい画面パネルや背面パネルがバッテリー膨張の被害を受けやすいですね!

 

なお、たまに「押したら隙間が閉じるんじゃないか?」と考え、膨張で開いた隙間を指で押し込もうとする方もいらっしゃいますが…

これは最もやってはいけない行為です!!!

強い圧力で画面など他のパーツを破損させてしまい、余計に修理代金がかさんだり二度と起動しなくなる可能性もありますし、万が一他のパーツがバッテリーに深くめり込むと発火や爆発する危険性もあります。

 

バッテリーが膨張しているかも?と思ったら

・必要なとき以外使用は控える

充電ケーブルを挿し込むのもできる限り控えてください

・圧力をかけない

指で押し込むのは厳禁です!!また、可能ならばスマホカバーも外してください。

上記2点に注意しつつ、早めに修理店に相談しましょう!

キャリアショップでは対応に長い時間がかかる(平均して1週間~2週間程度)ことが多いので、早く終わらせたいという方は街の修理屋さんがおすすめです。

スキルワンでは、多数のAndroidスマホのバッテリー交換に対応しております。

当店ホームページに対応している機種や修理価格を掲載しておりますが、ホームページに載っていない機種でも取り寄せなど様々な対応が可能です!

「こんな機種でもバッテリー交換できるんだろうか?」「キャリアショップだと修理できないと言われた」というお悩みも、どうぞお気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちら

バッテリーが大きく膨張したHuawei Mate9の修理

今回は、新京極通商店街近くにありますスキルワン京都河原町店でご依頼いただいた、バッテリーが大きく膨張してしまったHuawei Mate9の修理をご紹介します。

 

1.修理依頼~端末預かりまで

今回はお電話にて問い合わせをいただきました。

出ている症状は

画面が浮き上がって本体に隙間ができており、スリープボタン(電源ボタン)と音量ボタンも効かない

というもので、この時点では

・内部のバッテリーが膨張して画面を押し上げている

・膨張のせいでパーツの位置がずれたりケーブルが外れてしまっており、そのせいでボタンが一部機能しなくなっている

という状態であると考えられました。

店舗にパーツの在庫もあり、即日でバッテリー交換が行えるとお伝えすると、すぐに来店いただくことになりました。

お客様にご来店いただき、Mate9の状態を確認してみると、確かにスマホが大きく膨れ上がり、画面は曲がって隙間が空いています。軽く押してみても隙間は全く閉じず、内部に何か詰まっているような手ごたえがありました。

また、スリープボタンと音量ボタンはどれだけ押しても反応がなく、加えて指紋センサーも認識していないことがわかりました。

最初の予想通り、やはり内部でバッテリーが膨れ上がっているようです。ボタン類が効かないのも、膨張のせいでケーブルが外れているか、もしかしたら断線しているかもしれません。

というわけで、早急にお預かりしてバッテリー交換を試すことになりました。

 

2.分解、バッテリーの交換

Huawei Mate9は背面カバーが特殊ねじでしっかりと固定されているため、バッテリーが膨張すると内側から大きな圧力がかかってしまいます。幸い画面は保護フィルムの割れのみで画面本体には問題はなく、慎重に分解すれば大丈夫そうです。

スマホ本体を壊さないよう慎重にねじを外し、圧力を開放してゆきます。

SIMカードのトレーも忘れずに外します。これで安全に背面カバーを取り外せるようになりました。

背面カバーを取り外した裏には、スリープボタンと音量ボタン、指紋センサーのケーブルが取り付けられています。

このケーブルは写真の赤丸で囲ったコネクターに繋がっていますが、膨張の圧力によって外れていました。これではスリープボタンも音量ボタンも動くはずがありませんね。ケーブル自体は断線などもなく無傷でした。

バッテリーを新品に交換し、外れていたケーブルなどを全て元に戻して修理は完了です。

動作チェックも行って特に問題は無し!無事に直せました!

 

Huawei Mate9は2016年冬に発売された機種で、今となっては古いスマホに分類されます。

スキルワンではこうした少し古い機種でも修理対応いたしますので、「こんな修理できるかな?」とお悩みの方もお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから!

Huawei P20liteの背面パネルが急に膨らんできた!

本日もAndroidスマホの修理や部品交換を行っています!

今回は依頼でも多い修理の一つ、バッテリー交換のご依頼を頂きました。

本日のバッテリー交換はHuaweiから発売されている【P20lite】になります。

持ち込まれて一目で分かるくらいにっバッテリーがパンパンに膨れ上がっていました。

中々見ることがないくらいの膨れ方でした!

背面のパネルがバッテリーに押し上げられて右半分が剥がれていました。

ここまで膨張すると指紋センサーのケーブルや、他の部品などを痛めてしまう可能性もあり危険です。

また膨張しているバッテリーは劣化しているため本体にも悪影響です。

ここまで気が付かなかった原因としてはスマホカバーをつけていたためです。

ケースなどをつけているとバッテリーが膨張してきても気が付かないため、かなり膨らんでから気が付くことが多いです。

 

中を開けてみると今にもパンッと破裂しそうなバッテリーが…

バッテリーが膨張する理由は経年劣化や、衝撃などが加わる事ですが大体は経年劣化によるものが多いです。

幸いにもケーブル類などは傷んでおらず液晶なども問題ありませんでした。

在庫があり予約もいただいていたので1時間30分ほどで交換が終わりました。

交換後は通り背面も閉じ、問題なく動いていました!

Huaweiシリーズのスマホや、Androidスマホの修理でお悩みの方は当店にお任せください。

お問い合わせはこちらから

Huaweiシリーズのバッテリー交換も即日で対応!

Huaweiのスマホを使っている方に朗報です!

修理や部品交換が即日対応できます!

iPhoneの修理屋さんばかりでHuaweiの修理を行ってくれるお店が全然ない!

そう思われている方が多いですが、当店はHuaweiのスマホでも即日交換で対応しております。

本日もHuaweiを使われているお客様がお越しになりました。

急に電源が入らなくなってしまったので見てほしいとの事…

Huawei スマホ バッテリー交換

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

充電しても反応がなく起動する気配もない…

内部を見るとバッテリー膨らんでいました!

恐らく原因はバッテリーの劣化で電源が入らなくなってしまったと思われます。

スマホに使われているバッテリーは二年で交換の目安と言われています。

二年以上使用している場合はバッテリーの劣化が始まっていると思ってもいいかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいバッテリーに交換させていただくと元通り充電の反応もあり、問題なく起動しました。

壊れてしまったと思い込み機種変更する前に一度当店にお持ちください。

もしかすると部品の交換で元通り起動するようになるかもしれません!

Huaweiのスマホをお使いの方はお気軽にご相談ください。

Huawei以外にもAndroidスマホ、タブレット、iPhoneと幅広く対応しています!

料金などはこちらから

【なんば・日本橋】Android/アンドロイドの修理ならSkillOneにお任せください!

雨と暑い日が続いています。コロナ感染症対策も、とても大変ですが皆様、体調には十分お気を付けてくださいね。今日もスマホ修理がんばるぞー!!

 

iPhone/アイフォンの修理は当たり前!お客様のデータは残したままでAndroid【アンドロイド】のスマートフォンの修理・故障・ご相談なら、スマホ修理『SkillOne スキルワン』までお申し付けください!!

 

画面割れ、ガラス割れ、画面破損、液晶破損、タッチできない、タップできない、スライドできない、画面真っ黒、バッテリー交換、電池交換、充電できない、充電しない、バックパネル割れ、アウトレンズカバー割れ、カメラ交換、充電コネクタ交換、充電ポート修理、水没復旧、基板修理などなど、お客様のデータは残したままでandroid【アンドロイド】の様々な修理に対応!

『SkillOne スキルワン』では、Android【アンドロイド】のスマートフォン、携帯、タブレットの修理全般に対応しております。

 

「データを残したままで修理したい!」
「アンドロイド修理できないって断られた…」
「難しいからできないって言われる…」
「すぐに修理できそうなところ無いかな?」
というお客様!

 

難しい修理、他店で断られた修理、基板の修理など、ぜひご相談ください!数千台以上の蓄積された確かな修理技術と丁寧な応対、丁寧な修理を行うスタッフにてご対応させていただきます!スマホの修理店探しでお困りなら『SkillOne スキルワン』までお気軽にお電話、またはメールにてご連絡くださいね(^ ^)/

iPhone・iPad・iPodはもちろん、SONY Xperia・Samsung galaxy・Huawei・Google pixel・Nexus・HTC・OPPO・Xiaomi・ASUS Zenfone・LG・Motorola・Surfaceなど。

 

また他店の修理で対応できないとよく言われます
【富士通 ARROWS】/ アロウズ
【SHARP AQUOS】/ アクオス
【京セラ】/ KYOCERA
のandroid端末も修理可能です!部品が手に入るかお調べいたしますので、安心してお問い合わせしてくださいね(^_-)-☆

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

Skill One なんば本店
〒556-0005
大阪府大阪市中央区日本橋3-8-24
ビガーポリス112 日本橋三丁目1階

TEL:06-6645-5020
営業時間:11:00 – 20:00
(1階の壁が全面緑色の店舗で、大きな看板が目印です)

各線なんば駅徒歩9分・日本橋駅徒歩8分

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

HUAWEI nova lite2 画面ガラス割れの交換修理

大阪府大阪市の難波駅・日本橋駅からすぐのHUAWEI修理・その他スマホ修理のSkillOneなんば本店です!

今回はHUAWEI nova lite2落としてしまって画面ガラスが割れてしまった場合の画面交換修理についてをご紹介します!

 

修理時間・修理料金のご案内

 

HUAWEI nova lite2 の画面ガラス交換にかかる費用と時間は、

●修理時間 90分~(ご予約時)

●修理料金 9,800円(税抜) となります。(2019年6月14日現在)

 

※当店では定期的に価格改定をおこなっております。

現在の修理価格につきましては→【HUAWEI修理価格】を御覧ください。

 

nova lite2 の基本スペック

 

HUAWEI nova lite2の画面交換修理についてをご紹介する前に、『nova lite2 の基本情報』と『nova lite2 画面スペック』についてご紹介します。

 

nova lite2 はHUAWEI社が開発したスマートフォンで、日本国内版は2018年2月に発売が開始されました。

nova lite 2 の名称は『ノヴァ ライト ツー』という読み名(読み方)が一般的のようです。

この nova lite2 はSIMフリー端末のため、月々の維持費が安くなります!と宣伝されている格安スマホを取り扱う販売店、いわゆるmvno各社にて契約される方が多い機種です。(楽天モバイル、OCNモバイル、BIGLOBEモバイル等)

 

HUAWEI nova lite2 の型番は、『FIG-LA1』又は『FIG-L21』となっております。

なお、日本では『nova lite 2』というモデル名で販売されていますが、海外で発売されている同機種は日本とはモデル名が異なり、 (さらに…)

HUAWEI P20lite画面ガラス割れ-画面交換修理

近鉄日本橋駅より徒歩8分ほどにある日本橋オタロード中心部のHUAWEI修理・その他スマホ携帯修理店のSkillOneなんば本店です!

今回は地べたに置いてたHUAWEI P20 liteを足で踏んでしまい、画面ガラスが割れてしまった場合の画面ガラス交換修理をご紹介します!

 

修理時間・修理料金のご案内

 

HUAWEI P20 liteのフロントパネル交換にかかる費用と時間は、

●修理時間 90分~(ご予約時)

●修理料金 10,800円(税抜) となります。(2019年5月8日現在)

 

※当店は定期的に価格変更を行っております。

最新の価格表はこちら → 【HUAWEI料金】

 

HUAWEI P20 liteとは

 

2018年6月15日に発売され、ベゼルがほぼない、5.84インチの縦長ディスプレイを搭載している格安スマホです。2018年、SIMフリー端末の中で最も売れた格安スマホでもあります。 (さらに…)

HUAWEI P20Pro画面割れで液晶映らない際の交換修理

大阪府大阪市浪速区のなんば駅・日本橋駅から徒歩9分!

HUAWEI修理・その他スマホ修理店のSkillOneなんば本店です!

今回はHUAWEI P20Proの端末を画面側から落としてしまってから、画面ガラス割れ一部画面が映らなくなってしまった場合の液晶画面交換修理をご紹介します!

 

修理時間・修理料金のご案内

 

HUAWEI P20Proに液晶画面交換修理にかかる費用と時間は、

●修理時間 120分~(ご予約時)

●修理料金39,800円(税抜) となります。(2019年4月23日現在)

※P20Proの画面ガラスが割れただけでしたら37,800円(税別)と上記よりお安く修理できます。詳しくはメールフォーム又は06-6645-5020へお問合せください。

 

スキルワンなんば本店では定期的に価格改定を行なっておりますので、最新の価格が上記と異なる場合もございます。最新の修理価格は→【HUAWEI修理料金】をご参照ください。

 

P20Proの液晶画面スペックについて

 

HUAWEI P20Proの液晶画面交換修理方法についてご紹介する前に、参考までにP20Proの型番(モデルナンバー)確認方法P20Proの液晶画面スペックについて簡単にご紹介します。

 

まず、ご利用の端末がHUAWEI P20Proで合っているのかは『型番(Model Number)』で判断可能です。

判断の方法は、2種類ございます。

(さらに…)