More from: 直ちに充電器の取り外し

「直ちに充電器の取り外し」と表示されるGalaxy Note20Ultraの修理

一部のスマホには、充電ポート(ケーブルの差込口)内部に水分や汚れがあることを検出すると、故障を防ぐために「すぐに充電器を取り外して下さい」という警告メッセージが表示される機能が備わっています。

充電ポートは大電流が流れる箇所なので、万一ショートを起こすと大変危険です。「充電器を外してください」というメッセージが表示されたら、それに従って直ちに充電を中止しましょう。

通常なら、スマホをよく乾かして水分がなくなれば再び充電できるようになります。

しかし、たまに何時間と経過しても一向に充電できるようにならないという症状が現れる時があります。

今回は、そんな症状に陥ってしまったGalaxy Note 20 Ultraの修理をご紹介します。

 

充電ポートは乾いているのに充電できない理由

充電ポートはしっかり乾いていて、水分は残っていないように見えるのに「水分を検出しました」「充電器を外してください」というメッセージが出る場合、内部の端子が大きく汚れたり錆びついてしまっており、それが水分の検出システムに引っかかっている可能性が高いです。

たとえ充電ポートが全く濡れていなくとも、汚れやサビはショートを起こす要因となり危険です。警告メッセージが出るほどひどい汚れやサビは掃除しても取れないことが多いので、交換した方がよいでしょう。

 

今回お預かりしたGalaxy Note20Ultraも、充電ポートをよく見ると汚れやサビが見られました。

充電ができないこと以外は正常でしたので、ショートなどを起こしてはいなさそうです。充電ポートが汚れたまま無理やり充電しつづけるとスマホ全体の破損も起こりかねないので、注意して使うようにしましょう!

 

スマホの充電ポートは小さくて深さもあるため、手垢やホコリ、汗などが入り込むと中々取れません。

ポケットのホコリや糸くずが、充電ケーブルの抜き差しによって奥の方で押し固められ、ケーブルがしっかりと刺さらなくなるケースも非常に多いですね。

対策としては、充電ポートに差し込んで穴をふさぐカバーを使用するのが有効です。

 

店舗に交換用充電ポートの在庫もありましたので、その場で交換作業を開始します。

比較的分解しやすい構造でしたので、修理にさほど時間はかからなさそうです。とはいえ精密部品の塊なので、慎重に作業を進めます…!

およそ1時間半後、無事に作業は完了し、正常に充電できるようになりました!

 

Galaxy Note20Ultraは、2020年発売のSamsungの上位機種です。高画質で大画面、バッテリー容量も多く、カメラも高性能とまさに高級機種で、発売価格も高かったのでお使いの方の中にはまだ残債か残っている方もおられる事でしょう。高性能機種を買い換えるのは結構もったいなく感じて抵抗もありますし、残債ももったいない!とお困りの方がおられましたら、ぜひスキルワンまでご相談ください。

今回の様な充電ポートの修理のほか、画面やカメラ修理なども対応いたします!

 

お問い合わせはこちらから