再起動したら使えなくなったXiaomi Redmi 9T

以前にも【起動しなくなったXiaomi Redmi 9Tが基板修理で復旧!】

という記事を書きましたが、同じ症状の方から大変多くのお問い合わせ、ご依頼をいただき驚いています。

特に記事の題名にもなっている【Xiaomi Redmi 9T】は壊れやすいのか、ネットなどでも急に使えなくなった、

電源が入らなくなった、充電しても反応がなく何もできない…

と言う記事や情報が多くあります。

 

しかし、どこを見ても【修理ができた】【修理ができる】と言う様な事が書いていません。

メーカーに依頼をして本体を交換してもらうしかない、修理ができないという情報しか見当たりませんでした。

当店でも実際バッテリーや部品の交換を行っても全く起動しない、充電の反応もない状態は改善されませんでした。

ですが、原因を突き止めその部分を修理する事で起動する事に成功しています!!

 

 

当店の修理ブログを見て持ち込まれたお客様がお越しになりました。

動作が重く、液晶の表示も少しおかしかったが問題なく使えていた。

ある日動作が異常に重くなり、液晶の表示も残像が出るようになったので再起動を行ったそうです。

するとそこから電源が入らなくなり、充電を丸一日しても反応がなく使えなくなったとの事…

データのバックアップを取られていなかった為、何とかならないかとご相談を頂きました。

データのバックアップは電源が入り、操作ができる状態でないと基本的に取ることができません。

部品交換を行っても起動しませんでした…原因はやはり基板にあるようです。

墓のお店だと修理できませんでした…で帰ってくる事になりますが、当店では故障の原因を突き止めた個所の修理を行います。

 

 

充電しても電気が全く流れず充電もたまらなかったのに、基板修理後は元通りに充電もしっかりとたまり

電源も入るようになりました!

Xiaomi Redmi 9Tをお使いの方で急に使えなくなった、電源が入らなくなったとお困りの方はお気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちらから